無意識に【髪の毛】を引っ張るその行為、実はストレスが原因!

 

皆さんこんにちは。ゆいです!🙋‍♀️

 

日々の生活で、無意識に髪の毛を引っ張ってしまっている人がいます。この行為は単なる癖だと思っている方が多いようですが、意外な原因が存在します。

 

 

またこの行為は『抜毛症』という名が付いた精神的な病気です。

 

 

多くの人が毎回同じ場所の髪の毛を引っ張る為10円ハゲになり、危機を感じる方が多いようです。

 

そこでこの記事では、何故無意識に髪の毛を引っ張ってしまうのか?その時の心理状況についてお話ししていきます。また『抜毛症』の対策についても説明しています。

 

f:id:yuichan53world:20180825221113j:image

 

 

髪の毛を抜く癖の主な原因は、精神的な病気やストレスだと考えられています。

ここでは、精神的な病気とはどのようなものなのかや、髪の毛を抜く癖の原因になり得るストレスについてご紹介いたします。

髪の毛を抜く癖の対策や矯正などを検討するためにも、まずは原因を知って自分と向き合うことから始めましょう。

それでは、髪の毛を抜く癖を引き起こすと言われる病気やストレスについてご紹介していきます。

 

 

 

 

無意識に髪の毛を引っ張る理由

 

不安やストレスが原因

 

髪の毛を抜く癖は不安になると出やすくなり、心理的に不安になる事で、髪の毛を抜くという行為を繰り返してしまうことがあると言われています。

 

 

f:id:yuichan53world:20180825221130j:image

 

不安の内容の多くが、『学校や家庭などの人間関係に悩んでいる』ケースが多い事が分かっています。

 

 

この症状は子供に多く見られますが、中には大人でも見られる場合があります。その場合も会社や家庭内での人間関係によるストレスが原因のケースが多いです。

 

 

 

緊張から髪を抜いてしまう

 

髪の毛を抜く事が癖になっている方は、髪の毛が抜ける瞬間に快感を覚えて、精神を安定させる目的があると考えられています。

 

その為、ストレスが原因ではなく、『緊張』を味わう度に、髪の毛を抜いてしまい、精神の安定を図っているケースも存在します。

 

 

 

薄毛になり、更にストレス

 

髪の毛を抜く癖が原因で薄毛に悩み、ストレスを増やしてしまいます。ストレスを発散させる為に行なっている『髪の毛を抜く』という行為によって、『薄毛』になり、更にストレスを感じてしまう悪循環が起こる方がほとんどです。

 

髪の毛を抜く事でストレスが解消されるのはほんの少しの時間で、永遠にストレスが無くなることはなく、永遠に髪の毛を抜き続けてしまいます。

 

 

 

『抜毛症』は男性より女性が多い

 

無意識に髪を引っ張って抜いてしまう症状は男性より、女性の方が発生比率が高いことが分かっています。

 

女性の方がストレスを内にため込んでしまう為です。

 

髪の毛を抜いてしまう癖に気が付きながらも、周りに相談出来ない人が多いようです。

 

早めに、高い信頼関係を築いている友人や家族に相談を行う事で気持ちが楽になり、症状が収まるケースもあります。

 

 

 

対処方法

 

髪の毛を抜く癖が気になる方は、病院やクリニックへ行って診断を受ける事をお勧めします。

 

自分で抜かないように意識をしても、時間が経ったり、気を抜いている時に抜いてしまい症状はいつまでも治りません。


髪の毛を抜く癖をいつまでも放っておく事で、周りの人に気づかれてしまうくらい頭皮が見えてしまうことがあるそうです。

 

ハゲた一部を隠しながらの生活にストレスを感じてしまうケースがほとんどで症状悪化の大きな原因になります、

 

男性であれば、思い切って『坊主』や極端な短髪にヘヤーを変える方法も効果的です。

 

髪の毛を一気に短くする事で、髪の毛を抜く癖を強制的に辞める事につながります。