ヘアカラーによる髪のダメージを抑える方法

 

皆さんこんにちは!ゆいです!🙋‍♀️

 

自分でヘヤカラーをすると髪が傷みそう....とか、実際に傷んで、『パサパサ髪』になってしまった。そんな悩みを抱く人も多いのではないでしょうか?

 

f:id:yuichan53world:20180825234458j:image

 

ヘヤカラーを行うにあたって、いくつかのことに気を付けてあげるだけで、ヘヤカラーによる髪の毛のダメージは最低限に抑えることが可能になります。

 

そこでこの記事では、セルフカラー前と後に行っておきたい必要最低限の対策を紹介していきます。

 

 

 

 

カラー施工前の対策

 

 

カラー前にシャンプーは行わない!!

 

f:id:yuichan53world:20180825235110j:image

 

 

カラーをする前にシャンプーを行う人が多くいますが、実は髪の毛にとっては良くありません。

 

 

髪の毛に付着した汚れを落とすのに、シャンプーをした方が良いと考える人が多いですが、頭皮を刺激から守る為の皮脂や油分をも一緒に落としてしまう可能性がある為、カラー前のシャンプーは控えましょう。

 

 

バリア機能が落ちた頭皮に、刺激が強いカラー剤がついてしまう事で頭皮を痛める原因になります。頭皮が痛む事で髪の毛の育ちに悪影響を与えたり、これから生えてくる髪の毛に良くありません。

 


頭皮を痛めるだけではありません。カラー前にシャンプーやトリートメントを行う事で、しっかりと流れきらず、残ったままになるケースがあり、カラーが上手く染まらない場合があります。

うまく髪の毛が染まらなければ、再度染め直す人も多く、余計に髪の毛や頭皮にダメージを与えてしまう事になってしまいます。

 

 

 

カラー剤を良く混ぜる!!

 

f:id:yuichan53world:20180825234552j:image

 

市販されているカラー剤には1剤、2剤と2種類のものを混ぜ合わせて使用するものになります。

 

1剤はアルカリ性、2剤は酸性から出来ています。アルカリ性は肌に大きなダメージを与えてしまい、酸性を混ぜる事によってアルカリ性によるダメージを暖和する仕組みになっています。

 

 

この2液剤がしっかり混ざっていないと、アルカリ性の刺激がダイレクトに頭皮に伝わってしまい、頭皮のダメージに繋がってしまいます。

 

 

しっかり混ぜる事は、頭皮のダメージを抑えるだけではなく、髪の毛にカラー剤が密着しやすくなり、カラーが染まりやすくなります。

しっかりと混ざる事によって液体の『粘土』が上がる為です。

 

粘土が上がる事で、髪の毛から頭皮に垂れる液体の量が減る為、ダメージの軽減に繋がります。

 

 

 

カラー施工後の対策

 

カラー剤をしっかり洗い流す

 

f:id:yuichan53world:20180825234622j:image

 

当たり前の事ですが、カラー後はしっかりとカラー剤を除去することが大切です。

一番の理想はカラー専用のシャンプーとトリートメントを使用するとでコンディションを整えてくれます。

 

カラー剤をしっかり洗い流そうとゴシゴシ洗うのではなく、いつも以上に丁寧に洗うように心がけましょう。

 

カラー後の髪の毛は少なからず、ダメージを受けている為、ゴシゴシ洗ってしまうと、いつも以上のダメージを与えてしまいます。

 

 

 

炭酸水で髪の毛を洗う

 

炭酸水は飲むだけではなく、髪の毛を洗うのにも役立ちます。

 

初めて聞く人も多いかもしれませんが、炭酸水が髪の毛を洗うにあたっていい仕事をしてくれます。

 

炭酸水で髪の毛を洗う最大のメリットは、炭酸水の洗浄効果です。

炭酸ガスの気泡は、汚れが吸着しやすい性質を持っています。 カラー剤の付着した髪の毛に使用する事で、カラー剤を綺麗に取り除いてくれます。

また炭酸水が汚れに反応する事で、炭酸ガスを発生させます。この発生した炭酸ガスが空気中に抜けようとしている際に、炭酸ガスが汚れを気泡に閉じ込めて一緒に流れ落ちていきます。

 

 

最後に

 

いかがでしょう??

 

セルフカラーを行う際は、『染める前・染めた後』のケアを全てを自分で行わなくてはなりません。

 

自分の頭皮や髪の毛にダメージを与えるのも、ダメージを抑えるのも全て自分の仕事になります。

 

ここで紹介した、カラー前と後のケアを意識的に行う事で、今までセルフカラー後の髪の毛や頭皮に与えていたダメージを最小限に抑えて、髪の毛のカラーを行う事が出来ます。

 

次回、セルフカラーを行う際はこれらを注意して行ってみてください。