成長ホルモンの分泌を活発にする事で若々しい自分を手に入れる

 

皆さんこんにちは。ゆいです!🙋‍♀️

 

綺麗な肌を保ったり、元気な髪の毛を手に入れる為には、成長ホルモンの分泌が鍵を握っている事をご存知でしょうか?!

 

 

成長ホルモンは身体を大きく成長させる為だけのホルモンではなく、大人になり成長が止まった後でも『成長ホルモン』はとても重要な役割を担っています。

 

肌荒れや体重の増加、これらの現象は社会人になり、食生活が乱れたり、睡眠時間の不足によって『成長ホルモン』の分泌が足りていない恐れがあります。

 

f:id:yuichan53world:20180819213940j:image

 

学生の時は不規則で栄養バランスの偏った食生活をしていても、肌荒れや体重の増加なんて全く気にならなかったのに...

そんな人も少なくないはずです。

 

それはズバリ、『成長ホルモン』の分泌が足りていないのが原因であると考えられます。

 

 

忙しくて、睡眠時間が削れてしまったり、食生活が乱れる事は多くの人にある経験かと思います。

 

『成長ホルモン』の分泌が不足する事で、見た目の年齢はガクンと歳を取ってしまいます。

 

 

そこでこの記事では、『成長ホルモン』の分泌を活発にし、若々しい自分を手に入れる方法を紹介していきます!!

 

 

 

 

 

『成長ホルモン』の役割

 

『成長ホルモン』の分泌が少なくなると、乾燥しやすい肌になります。

皮膚の汗腺には『成長ホルモン』の受け皿のようなものがあり、成長ホルモンが汗腺に辿り着かなくなってしまい、汗の量が減ってしまい、皮膚の水分が減り、潤いがなくなってしまう為です。潤いがなくなった肌は『カサカサ』になり、実年齢より歳を取った見た目になってしまいます。

 

 

また『成長ホルモン』は、骨格や筋肉を発達させる役割や、脂肪を分解したりする役割を担っています。

その為、『成長ホルモン』が減少する事で骨や筋肉の発達が遅れてしまい、背骨の磨り減りが早くなり姿勢が丸々など見た目年齢を下げる原因に繋がる事があります。

 

成長ホルモンによって脂肪が分解される量が減る事で、太りやすい体質になってしまいます。

 

これが、若い頃は細かった人が、年齢と共に体重の増加に繋がる1つの原因につながります。

 

 

 

『成長ホルモン』分泌の条件

 

・睡眠
・食生活
・空腹
・運動

 

 

成長ホルモンの分泌には上記のような分泌条件が存在します。分泌条件を頭に入れましょう!

 

 

 

・睡眠

f:id:yuichan53world:20180819214008j:image

 

成長ホルモンの分泌に重要な条件として「深い睡眠」が良く挙げられます。

 

良く睡眠に関して『ゴールデンタイム』というワードを耳にした事がある方がいると思います。

 

夜22時〜2時までの4時間は『成長ホルモン』の分泌が増えるという時間です。

 

しかし、実際にはこの時間の決まりは全くなく、睡眠を取り始め睡眠が一番深くなった辺りの4時間程度で『成長ホルモン』の分泌が増えると言われています。

 

 

yuichan53world.hatenablog.com

 

 

※『肌のゴールデンタイム』について詳しく説明した記事をこちらにリンクしておきますので、気になった方は合わせてご覧ください。

 

 

 

・栄養バランス

 

f:id:yuichan53world:20180819214039j:image

 

 

〜タンパク質〜

 

タンパク質には成長ホルモンの分泌を活発にする作用があるためタンパク質の摂取は、成長ホルモンを増やす為に欠かせない栄養素です!

 

タンパク質を多く含む食材は

牛肉・豚肉・納豆・ツナ

 

 

亜鉛

 

亜鉛も体内酵素の働きを助けてくれる為、成長ホルモンの分泌を活発にする役割がある栄養素の1つです。

 

人間は亜鉛が不足する事で、疲れやすくなったり、傷が治りにくくなったりすると言われています。

 

亜鉛を多く含む食材は、

牛肉、豚肉、納豆、牡蠣

 

 

 

 

・空腹

 

人間は空腹になるとことで、胃から『グレリン』というペプチドホルモンが分泌されます。

グレリン』には脳を刺激する働きがあり、グレリンによって刺激される事で、成長ホルモンの分泌が活発になります。

 

つまり、食事と食事の間を適度にあけて、空腹状態を作る事が『成長ホルモン』の分泌を活発にする事になります。

 

 

朝・昼・晩の食事の間を程よく開ける事が重要になります。

 

 

空腹時間を長くすれば良いというものではありません。無理して空腹状態で長い時間過ごす事はやめましょう。胃が荒れる原因になる恐れがあります。

 

 

 

・運動

 

運動をする事によって、筋肉や体組織が疲労し、そのストレス反応として様々なホルモンが分泌されます。『成長ホルモン』も筋肉や体組織を再生・修復するために分泌されるのです。

 

f:id:yuichan53world:20180819214206j:image

 

 

有酸素運動より無酸素運動』!!

 

 

成長ホルモンをより分泌させる運動としては、ジョギングやランニングと言った『有酸素運動』ではなく、筋トレなどの『無酸素運動』のように筋肉に直接負荷をかける運動の方が効率良く、『成長ホルモン』の分泌を活発にします。

 

 

 

最後に

 

 

いかがでしょうか?

 

『成長ホルモン』の分泌に欠かせない条件が分かったと思います。

 

 

・睡眠

・栄養バランス

・空腹

・運動

 

 

これらの分泌条件を満たすように心掛けた生活を意識して行う事で『成長ホルモン』の分泌を増やし、若々しい自分を手に入れましょう!

 

『成長ホルモン』の分泌を増やす事で太りにくかった若き頃の体質を取り戻し、今まで痩せられなかった方も、ダイエット成功に繋がる可能性がありますので、日々の生活を改めて見ましょう!