市販品の【ノンシリコンシャンプー】は髪に良くない?メリットとデメリットは?!

 

皆さんこんにちは。ゆいです!🙋‍♀️

 

ここ最近、【ノンシリコンシャンプー】が増えてきて、お店の棚に並んでいるのを良く見かけるようになってきました。

 

皆さんはノンシリコンシャンプーに対してどのようなイメージをお持ちですか??

 

頭皮に良さそう!髪に良さそう!そんなイメージを持っている方が多いかもしれません!

 

 

f:id:yuichan53world:20180710211527j:image

 

 

どんな美容商品も同じですが、『ノンシリコンシャンプー』の良し悪しは人それぞれです。合う人もいれば、合わない人もいるということを理解しましょう。

 

 

そこで、この記事では【ノンシリコンシャンプー】の【メリット・デメリット】を解説と共に合う人、合わない人の解説も合わせてしていきます。

 

 

〜今日のコンテンツ〜

 

 

 

 

 

ノンシリコンシャンプーのメリット

 

 

・ベタベタしない

・髪の毛のコンディションアップ

 

 

この2つが良く挙げられる、『ノンシリコンシャンプー』のメリットになります。

 

 

ベタ付かない髪へ

 

髪の毛をちゃんと洗ったのに、なんだか髪の毛がベタつく!そんな経験をした方はいませんか?それはシリコン配合の高いシャンプーを使っている為かもしれません。

 

ノンシリコンシャンプーを使う事で上記のような髪の毛のベタ付きが無く、サラサラな手触りの髪の毛に仕上がっていきます。

 

風になびくような髪の毛を目指すには『ノンシリコンシャンプー』は有効的です!

 

 

 

髪のコンディションを上げる

 

シリコン配合のシャンプーからノンシリコンシャンプーに切り替えると多くの方が髪の毛のパサつきやきしみを感じる人が多いですが、それは髪の毛に余計な汚れが残っているからです。

 

 

シリコンは髪の毛に残りやすく、残ったシリコンの上に汚れが塗り固められている為、ノンシリコンシャンプーに切り替えた始めは、汚れが取りきれいないため『パサつき・きしみ』を感じるケースが多く見られるのです。

 

ノンシリコンシャンプー』を使い続けていく事で、このシリコンの上に蓄積されていた汚れが取れていくため、髪の毛は本来の美しい姿になっていきます。

 

シリコンインシャンプーから『ノンシリコンシャンプー』への切り替えた際は、使用を重ねていくにつれて、本来の効果を発揮していきます。

 

 

 

ノンシリコンシャンプーのデメリット

 

 

・頭皮のかゆみ

・髪の毛がパサつく

・カラーが落ちやすい

 

 

※ここで挙げているデメリットは、市販品の安いノンシリコンシャンプーに多く見られるデメリットで、高い高級なノンシリコンシャンプーにはこのようなデメリットがほとんど現れないです。

 

 

 

頭皮のかゆみ

 

シリコンには髪の毛や頭皮をコーティングし、保護する役目を担っているため、そのシリコンが入っていない事や、洗浄力の比率が合っていない事で頭皮が炎症を起こし、かゆみを引き起こすケースが存在します。

 

ノンシリコンシャンプーの場合、髪の毛や頭皮に与えるダメージが大きい為洗浄力を抑えたものが理想とされていてますが、市販品の安いシャンプーでは、そこまで考えられていない為、このようなデメリットが発生してしまうと言われています。

 

 

 

髪の毛がパサつく

 

ノンシリコンシャンプーを使い始めてから髪の毛がパサつくおっしゃる方が多く見られます。これは今まではシリコン配合のシャンプーを使用していた事で、髪の毛にコーティングが掛かり、しっとりしていた髪の毛に仕上がっていたのです。

 

そのコーティングが無くなってしまう為、パサつき感のある髪になってしまったのです。

 

つまり、ノンシリコンだからパサつく!訳ではなく、あなたの髪の毛がが元々パサパサなのです。ダメージを負っている髪の毛という事です。

 

そのパサ付いている髪の毛は、シリコンによってカバーされていたが、ノンシリコンシャンプーに切り替えた為、カバーされなくなり、髪の毛がパサパサになったのです。

 

つまり、『ノンシリコンシャンプー』を使う事は、髪の毛がスッピン状態になる!とイメージしてもらうと分かりやすいかもしれません。

 

 

カラーが落ちやすい

 

これは一概にノンシリコンが原因とは限りませんが、金額が安く、質の悪いノンシリコンシャンプーほどカラーの落ちが目立つようです。シリコンによってコーティングされる事で、カラーの持ちが良くなると言われています。

 

 

 

ノンシリコンシャンプーの合う人、合わない人

 

ノンシリコンシャンプー』の良し悪しは使う人に適しているか、適していないかのが1番の決め手と言っていいでしょう!

ノンシリコンシャンプー合う人・合わない人の特徴をそれぞれ、まとめていきます。

 

 

 

ノンシリコンシャンプー』が合う人

 

 

・メンズやショートヘアーの女性

・軽い質感の髪が好きな人

ナチュラルが好きな人

 

 

きしみやパサつきをあまり気にしなくていい男性やショートヘアーの女性にはノンシリコンシャンプーがおススメです。髪が軽くなり、 ヘアーセットに動きが出しやすくなるメリットもあります。

 

オーガニックやボタニカルシャンプーが自然派シャンプーで最近注目を浴びています。

 

f:id:yuichan53world:20180710211552j:image 

※ボタニカルシャンプー

 

 

私も最近ボタニカルシャンプーを使用中ですが、パサつきが気にならず、おススメのノンシリコンシャンプーです!少しお値段は高いですが、髪の毛のコンディションを考えると、そこまで高いものではないと私は思います。

 

 

 

ノンシリコンシャンプー』が合わない人

 

 

・髪のダメージが大きい人

・しっとり我慢が好きな人

 

 

ブリーチや髪を何度染めたりして、髪のダメージが大きい人が『ノンシリコンシャンプー』を使用してしまうと、パサつきを悪化させてしまう恐れがあります。

 

他にも、ダメージによって、癖っ毛が悪化している人などは、シャンプーをしているだけで髪の毛が絡んでしまったりする恐れもあります。

 

このように髪の毛にダメージがある人にはシリコンインシャンプーを使用し、髪の毛のコンディションを整える方が良いと思います。

 

髪の毛のダメージに関わらず、しっとり感のある髪の毛が好きな方もノンシリコンシャンプーではなく、『シリコンインシャンプー』の使用をおススメします。

 

 

最後に

 

いかがでしたか?

 

近年注目を浴びて、『ノンシリコンシャンプー』に対する様々な考え方が多く出回っていますが、ノンシリコンの良し悪しは一言で片付けられるものではありません。

1番の問題は使い手に合っているか、合っていないか(自分の髪の毛に合っているか、合っていないか)で使用するしないを決めるのが1番良いと思います。

 

 

※唯一意見が多く一致するのが、多くの美容師さんが口を揃えて言う、市販品の安い『ノンシリコンシャンプー』は髪の毛に良くない!

この意見の裏付けは、安物のノンシリコンシャンプーは、シリコンが入っていないのに、洗浄力がシリコンインシャンプーと比べて抑えられていない!というものになります。よって髪の毛に大きなダメージを与えてしまうので良くないですよ〜とお話ししています。

 

これは決して『ノンシリコンシャンプー』を全否定しているものではありません。

 

 

 

自分の髪の毛の状態や自分好みの髪質でノンシリコンシャンプーを使うか、使わないかを判断することが一番大切です。