毛を剃ると濃くなるってほんと?!それはただの錯覚?意外と知らない真実とは?

皆さんこんにちは。ゆいです!🙋‍♀️

 

皆さんは『毛を剃ると毛が濃くなる!』って話聞いたことありますか??私は学生時代に周りの大人や友人からよく耳にしていました。

 

f:id:yuichan53world:20180627210509j:image

 

では何故毛を剃ると毛が濃くなるのか?という疑問を抱き真実が気になっている方もいると思いますのでお話していきます。

 

f:id:yuichan53world:20180627210520j:image

 

結論から言うと『毛を剃っても濃くなりません』

 

と言ってもこの記事を読んで下さってる方の中には『いや、絶対に毛が濃くなった!』そんな方もいるかもしれません。

 

そんな方が毛が濃くなったと感じたのは以下のうちのどれかが原因だと思いますので目を通してみて下さいね。

 

〜今日のコンテンツ〜

 

 

 

 

1.毛は根元より先端が細い

 

剃った事で毛の太い部分が先端になり太くなり、濃くなったと錯覚する。

 

毛というのは根元から先端に向けて徐々に細くなっていきます。そこで先端を剃ってしまう事で細かったはずの先端がなくなり、毛の中間部分が次は先端になりますね!毛の中間部分は本来の先端部分と比べると太いです。毛の先端が太くなる事によって見栄えは太く見えてしまいます!

 

これが原因で多くの方が『毛を剃ると濃くなった!』と思ってしまいます。実際に濃くなっているわけではなく、目の錯覚によるものです。

 

わかりやすくイメージしてもらうには鉛筆を想像すれば分かりやすいですね!

 

削りたての鉛筆の先端はとんがっているのに比べてある程度使用された鉛筆の先端は先が丸まっていきます。

この2つを見比べると使用された鉛筆は削りたての鉛筆より太く見えます。

 

毛も同じように手を入れていない状態は先端が尖っていて、剃る事によって尖っていない状態を作り出してしまうので太く見えてしまい、結果として毛が濃くなったように錯覚してしまいます。

 

 

2.短いと太く見える

 

剃った事で毛の長さが極端に短くなり、太くなり濃くなったと錯覚する。

 

同じ太さのものでも長さが違うだけで細く見えたり、太く見えたりと錯覚する事があります。

これは、人間は『縦と横の比率』を見て『細い・太い』と区別をつける事がほとんどなのです。

 

同じような体型の、「身長180センチの人」「身長150センチ」の2人を比べた場合身長180センチの人の方が細く見えたり、スタイルが良いと多くの人が感じると思います。これも『縦と横の比率』を無意識に感じ取り、このような印象を与えるのです。

 

日常での体験と比べてみると納得していただける方も多いのではないでしょうか?

 

 

3.剃った事が原因ではない!男性ホルモンの増加が原因!

 

男性ホルモンには毛を濃く、太くしたりします。知ってる人も多いと思いますが、男性ホルモンとは男性だけではなく女性の体内でも作られています。女性の場合、年齢を重ねるにつれて女性ホルモンが減少してしまい、結果的に男性ホルモンの増加と同じ事になり毛が濃く、太くなる場合があります。

 

また以下の行為は男性ホルモンの活性化に繋がります。

 

・肉食な生活

・筋力トレーニング

・睡眠不足

・ネギの摂取量が多い

 

これらの行為は、男性ホルモンの活性化に繋がり、毛を濃く太くさせてしまう可能性が十分考えられます。

 

毛が濃くなった!太くなった!と感じる人は、これらの行為に身に覚えはありませんか??

 

他にも、中高生頃の年頃ですと、成長期真っ只中の為男性ホルモンが活性化する為毛が濃くなったり、太くなったりする事がありますが、生理的現象なので心配する必要は無いと思います。

 

 

4.まとめ

 

毛を剃った事で毛が濃くなった!太くなった!そう感じる人の大半の方がこの記事で紹介した通り『目の錯覚』によるものが大半になると思います。中には男性ホルモンの活性化により、本当に太くなったり、濃くなったりしている人もいるかもしれませんね。

後者の場合も毛を剃った事によって太くなっているわけでは無い為、『毛を剃ると濃くなる』という情報は間違っている事がわかってもらえたと思います。