『ホワイトニング』自宅で簡単に歯を白くする方法

皆さんこんにちは。ゆいです!🙋‍♀️

 

 ちゃん歯磨きをしているのに歯が黄ばんできた...タバコのヤニがなかなか落ちない...など歯の黄ばみが気になることってありませんか??

 

f:id:yuichan53world:20180613213050j:image

 

『歯が白い』だけでその人の印象って全然違いますよね!これは異性、同性共に言える事ですので今からでも遅くないので、まだ手を付けてない方はこの機会に是非始めていきましょう!

 

この記事では自宅で簡単に歯を白くする方法を解説していきます。

 

今日のコンテンツ

 

 

 

 

1.歯が黄ばむ、変色の原因

 

 歯が黄ばむ原因には色々ありますが大まかには飲食物とタバコのヤニが歯の着色汚れの原因になります。

 

・喫煙による着色

 

f:id:yuichan53world:20180613213354j:image

 

タバコの葉は燃える際に熱分解されるタール(ヤニ)が大変多く含まれています。このタール(ヤニ)は粘質性が非常に強く、着色しやすい物質です。長年の喫煙による着色は自分で落とすことは難しいため歯医者さんで特別な処置をオススメします。無理に自分で落とそうという行為は歯の表面を傷つけて、返って汚れやすい歯になってしまうリスクがありますので注意しましょう。

 

・酸性度の高い飲食物による着色

 

色が濃く、酸性度の高い飲食物によって歯の表面が着色されてしまいます。

 

f:id:yuichan53world:20180613213341j:image

 

 

代表的な飲食物は

・紅茶

・コーヒー

・赤ワイン

・コーラ

代表的な調味料は

・醤油

ケチャップ

・ソース

 

これらは日常的に摂取するものが大変多く皆さんの歯の着色の大きな原因になっています。無理に摂取を止める必要はありませんが、普段の生活で少し気をつけるだけでも歯の着色の進行を防ぐ事が可能で、対策の効果は十分にありますね!

 

2.歯の表面の着色を落とすには

 

・ホワイトニング歯磨き粉を使用

 

f:id:yuichan53world:20180613213104j:image

 

 ホワイトニング歯磨き粉とは通常の歯磨き粉よりも研磨剤という汚れを削り落とす成分が多く含まれている為、歯の表面についた汚れ、着色を落としてくれます。これは使い続ける事に意味があり、時間はかかりますが少しづつ白歯になっていきます。

世界初の歯の歯磨きホワイトニング美歯口30DAYSキット【bihaku.tokyo】

 

これには注意が必要で、磨きすぎると歯のエナメル質や、歯茎へのダメージに繋がり、知覚過敏の原因に繋がる他、虫歯のリスクもありますので気を付けましょう。

また、歯のエナメル質が薄くなる事は歯の着色の進行を早めてしまうので、白くする為に行なっている行為が逆に黄ばませてしまうリスクもありますので気を付けましょう!

 

 

 

・歯の消しゴムを使用

 

f:id:yuichan53world:20180613213120j:image

 

コンビニや、薬局で購入が可能です!自分の気になる歯を目で確認しながら汚れを除去でき、値段も500程度とリーズナルブでオススメです。

シリコンゴムに研磨剤が含まれていて、汚れを削り落とすため、即効性があります。

 

しかし、使い過ぎは歯の表面のエナメル質を傷つけてしまい、かえって汚れやすい歯の原因になったりする恐れがありますので使用頻度には注意が必要です。

 

3.絶対にやってはいけない方法

 

重曹で歯を磨く

少し前に大きな話題になりましたが、重曹とは頑固な汚れを落とすのに使用されるものであり、クレンザーにも使用される非常に研磨作用の強い物質であり、歯の表面のエナメル質までも削り取ってしまいます。

 

使用後すぐは汚れが削り落とされ、『歯が白くなった!』『効果があった』という口コミが多く出回りましたが、歯の表面のエナメル質も一緒に削り取ってしまうため、時間が経つにあたって、重曹で歯磨きをする前より酷く着色する恐れがあります。歯の表面のエナメル質は歯を守るコーティングのようなものです。

 

むやみに研磨作用の強いもので汚れを落とすのには大きなリスクを伴いますのでやめましょう。

 

4.最後に

 

 この記事を読んであなたも白い歯を取り戻しましょう。歯は普通に生活していて誰しも汚れてしまうものですが、歯の色はその人の印象を大きく変えるものですので、正しいやり方で歯を白く保ちましょう!

中には自分では対処出来ない場合もあります。その場合には歯医者さんに相談してみるのもいいと思います。