『2019年度 必見!』『就活』はいつから?実は大学3年生から始まっている?!

皆さんこんにちは。ゆいです!🙋‍♀️

 

 

 今日は就活の開始時期についてお話していきます。

 

 

大学生高学年になるにつれて皆さん『就職活動』を意識し始めると思います。これは嫌でも意識し始めるものですね!笑

 

〜今日のコンテンツ〜

 

 

『就活』っていつから?

 

一体いつから『就職活動』は始まるのか?皆んないつから『就職活動』を始めているのか?

 

f:id:yuichan53world:20180603153856j:image

 

 

ここ最近の就職活動の流れとしては

3月1日から『就活解禁』となり、その日を境に大学生最終学年の人達が一斉に『リクナビ』『マイナビ』といった、リクルートサイトで自分の興味のある企業にプレエントリーを開始し、企業の説明会に足を運び『就職活動』を開始するのが一般的な流れとなっています。

 

これでも遅くはありません!ただこれより早くから私は絶対に入りたい!そんな企業があるよ!って方にはもう少し早くから動く事をオススメ致します!入りたい企業があるのであればみんなが動き始めるのをじっと待っていては時間がもったいないです。実際に周りにの友達達の中にも水面下でひっそりと行動している方が多く存在していても不思議ではありません。

 

しかし、

そのもう少し早くっていつだよ!!って思われた貴方に説明いたします。

 

 それは大学3年生の夏休み、冬休みになります!

 

インターンシップ』って何?

 

では一体何をするのかですが、『インターンシップ』と呼ばれる企業に足を運び、実際に企業の仕事内容を体験出来る機会になります。

この『インターンシップ』の参加、不参加には実際の採用試験の合否には影響しません!と多くの企業が説明していますがこれは大きな間違いです。

 『インターンシップ』に参加していればその企業に確実に入れる、入りやすくなるという意味ではないのでそこは勘違いしないで下さい。

 

インターンシップ』参加の意味とは?

 

ではどのような意味があるのか?

 

             f:id:yuichan53world:20180603154606j:image

 

例えば

採用試験の結果を経て企業側がAさんとBさんどちらか1人を採用で、1人を不採用という結果を出すのに悩む局面を考えてみましょう。

 

Aさんは3年生の夏休みに当社のインターンシップに参加してくれている。1年前から当社に興味を示していてくれた!反対にBさんは当社のインターンシップには参加していない。

 

このような局面になった場合、あなた自身が人事担当を任されていた場合どちらの人間を採用しますか??

 

多くの人がインターンシップに参加してくれていたAさんの採用を前向きに検討すると思います。

迷っていると言うことはどういう事かというと正直2人の間に大きな差はない!どちらを採用しても当社の力になってくれるかも?そういう考えがあるから迷えるのです。

このような局面になった場合、人事担当も1人の人間であり、決してロボットがランダムに選出しているわけではないので『インターンシップ』の参加は万が一の大きな支えとなってくれる可能性が十分にあります。

 

それだけではなく、ここ最近の大手企業と呼ばれる企業による制度改心が行われており、初任給の格差付けを行い始めている企業がいくつかニュースで取り上げられているのをご存知だろうか?この内容については後日別の記事で詳しく紹介していきますのでそちらをご覧下さい。

 

yuichan53world.hatenablog.com

 


 

 

まとめ

 

インターンシップ』には今日お話しした損得以外にも、入社前の職場の雰囲気を自分の目で実際に確認出来るという大きなメリットが存在する事も事実です。

 ただ、『インターンシップ』時は企業側もお客様を迎える姿勢の対応、仕事内容を公開しているということもあり、その日見たままの光景が実際に就職して、働くときに目にする光景が100パーセント一致するとは考えにくいですが大まかな会社内の雰囲気を確認出来ることは大きな事実になります。

 

この記事を読んで頂いた方でそんなメリットがあるならどこの企業でもいいから絶対に『インターンシップ』に参加しなくっちゃ!

そんな感情をお持ち頂く方がいるかもしれませんね。決してその感情が間違いというわけではありませんが、どうしても行きたい企業が『インターンシップ』を行なっているなら足を運ぶ価値は充分に考えられますがそうでないのであれば少し考えて見て下さい。

*企業によってインターンシップの期間は様々ですが、1日〜の所もあるが長い企業だと1ヶ月近く行う場所もあります。平均すると1.2週間程度でしょう。

 

このような長い期間を要する企業も多く、かなりの時間を取られる傾向にあるからです。

 

企業側は長期間の『インターンシップ』を行い学生を集める事で自社への関心欲の確認とその学生さんの拘束(少し言い方が悪いですが許してください。笑)、ほかの企業に取られたくない。などといった理由がありこのような傾向になっているでしょう。

 

それでは企業への関心欲を自分の中で再確認して『インターンシップ』について考え直すと共に、『就職活動』に対する考え方を今一度考え直してみてはいかかがでしょうか?

 

それでは🙇‍♀️